FC2ブログ

エロ漫画家”天馬ふぇみお” の『笛美男IZM』

凌辱モノ専門エロ漫画家、『天馬ふぇみお』の自慰行為的駄文 やら 未公開漫画 、絵コンテなんかを公開していく、ブログでございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近況報告2011.12.31 

 私の名前は天馬ふぇみお、年の瀬になってもちんぽだまんこだの漫画を描き続けるナチュラルボーンE-ロマン画家である。



《2011総括》

 このブログをやりはじめて2年以上が過ぎている。

 漫画はとにかくキャラを立てることが大切だと、とある編集さんから再三再四言われ続けてきたため、ブログをやるに当たってもとにかく私自身のキャラを立てようということで、オナニー大好きの引きこもりの孤独なエロマンガ家のキャラを演じ続けてきた。

 そう、このブログは、私が読者の皆さんに楽しんでもらうためのエンタメとして、あることないこと大げさに膨らませまくって書いたものなのであるが、私の意図に反して、本当に私のことをオナニー大好きで孤独な引きこもり汚れエロ漫画家だと勘違いしてる方々もどうやら多々いるらしい。
 
 本当の私は、動物と平和を愛し、仕事の都合で仕方なく家にこもり、買い物はめんどくさいから通販と生協の宅配で済ませ、ムラムラして仕事に支障が出ないように、ごくごくたまに、週に6回か7回くらい自慰行為に勤しみ、その際もレンタルでAVを借りに行くのが面倒くさいし恥ずかしいからDMM.COMのエロ動画ダウンロードで済ます、そして今日も陰茎から残り汁を垂らしながらエロマンガの製作に励むいたって健全な普通の男なのである。

 ブログで書いたことをマジで真に受ける人は本当にいて、例えばプレイコミックで連載してた『LOVERSHOTEL』が終わったときも、"掲載されてる雑誌が送られてきてそこに「最終話」と書いてあったのを見て初めて打ち切られたことに気づいた"、みたいな内容を以前書いたことがあるのだが、もちろんそんなことあるはずもなく、打ち切りは2ヶ月くらい前に編集さんからちゃんと告げられている。

 同業者ならその辺のことは当然分かるだろうし、私も当然みんなこれが話を膨らませて面白おかしく作ったエピソードだと分かってるだろうと思いながら書いたのだが、、どうやら漫画業界と関係ない素人さんの中にはマジで信じてしまう人もいるらしく、「雑誌送られてきたらいきなり最終回にされてるなんて漫画業界ってやっぱ恐ろしい世界なんですねぇ」と深刻な顔で話しかけてくる知人が何人かいた。
 私はとりあえず「ええ・・・恐ろしい世界なんですよ」と答えておいた。

 実際恐ろしい漫画家残酷物語の噂には事欠かないので、私はそのほんの片鱗くらいしか知らないが、とにかく恐ろしい世界であるのに間違いはない。


 前回、金正日が死んで深い追悼の意を表したい、みたいな事を書いたが、これも『追悼の意だとか尊敬だとか言ってる割には漫画の中でいかにもひどい扱いしてんじゃねーか』、ってところを笑ってもらうつもりで書いたのだが、どうやらその辺の意図が伝わらなかったようで、「あんなヤツのどこが尊敬できるんだ?」とマジで説教をしようとする知人もちらほらいた。

 そういえば、冗談で打ち切られないように編集長にケツの穴を捧げなきゃ、みたいな事書いてたら、2ちゃんねるのほもスレッドに大量にリンクを貼られたこともあったな・・・。


 何かを表現すると言うのは本当に難しい。言葉足らずだったりこちらの認識不足だったりで誤解を生んでしまうことが多々あるのだ。私も表現者の端くれとして、来年はその辺のことにもっと気を使っていかねばなるまい。
  1. 2011/12/31(土) 04:05:59|
  2. 近況報告2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近況報告2011.12.13 風邪

 私の名前は天馬ふぇみお、常に読者に有意義な情報を提供したい、ただそれだけを考え日々ブログを更新し続けるクソ真面目なE-ロマン画家である。

 読者が一番求めてる情報は何かを突き詰めたとき、私が出した結論...それは私がどんなネタで何回オナニーしたかとかそーいう情報だろうなぁと思い、ブログでチンポやオナニーの話ばかりしてる私であるが、ここ数日風邪で寝込んでいた。

 私が風邪引いたとかそんな情報は多分読者にとっては、セアカゴケ蜘蛛のチンポに毛が生えたくらいにどうでもいい情報だとは思うのだが、なにしろ風邪で寝込んでいた3日間オナニーをしていなかったので、オナニーについて書く事がないのである。
 なので、今回は風邪を引いたいきさつについて書きたいと思う。

《風邪》

 私は漫画家の割には健康的な男で、酒もタバコもやらない上に、週1でキックボクシングの練習に行ってハードに汗を流し、先週末は葛西臨海公園まで往復90キロの道のりをサイクリングしてきて、さらにその前の週末には秩父の武甲山を6時間かけて登ってきた。

b213b7d7be45436c214cd9d1e5d41bb6.jpg
↑武甲山山頂からの景色。空気が澄んでたので北アルプスの山までうっすら見える

 そしてさらに、毎日休むことなくそそり立つ自分自身をしごき、ハードに汗と精子を流している

 そんな私であるのだが、先日喉が急に痛くなった。

 間の悪いことにその翌日は旧友に忘年会に誘われていた。断るのも迷惑がかかるので行ってみたら、私以外は全員バイク乗り、というか行って初めて会の概要を知ったのだが、どうやらバイク仲間の忘年会になぜかほぼ無関係な私が紛れ込んでる、そんな図であった。
 
 バイクのことはさっぱり分からんので、隣の女の子にバイブの話をして盛り上がった。

 その女の子は彼氏と一緒に来ていたのだが、お構い無しに週に何回セックスしてるのかとか、ヤリマンなのかとか、ぶっちゃけ快楽係数だけで言うと生身の女よりオナホのほうが気持ちがいいとか、そういう話をしていた。

 さらに後半彼氏が酔いつぶれて寝てしまったので、俺のチンポ舐めさせてあげるから代わりに乳首舐めさせてくれだとか、そんなことまで言った気がする。

 もちろんそれだけではただのセクハラ親父と変わらないので、女の子の相談にも親身に乗ってあげ、彼氏がわがままで困ってるという彼女に、「セックスのときも自分だけ先にイっちゃうタイプだね。俺ならかならず前戯で一度イカセテから挿入するよ。一発どう?」とアドバイスしてあげた。

 ちなみにこれらの会話は、E-ロマン画家たる私であるからただの軽いビジネストークとして済まされているが、私以外の人間が言おうものならセクハラで訴えられても文句は言えないので気をつけて欲しい

 とにかくセクハラの罰が当たったのか、チンポに熱が集中して体温を奪われたのか、帰ったら風邪が悪化して2日寝込むことになった。

 週末の2日間を布団の中で過ごし、寝るかDSするかという不意義な過ごし方をした次第である。

 ちなみにDSというのは何の略か分からない人も多いと思うが、任天堂の公式HPによると「ドロドロの精子」の略らしい。
 確かに寝込んでいる間オナニーをしていなかったので、私の玉金の中にはドロドロの精子が詰まっているはずである。

 咳と鼻水が多少残るものの、ひとまず回復したので病み上がりのリハビリがてらにブログを更新したところであるが、結構これからハードな日々が待っている。

 久々に18禁エロ漫画のペン入れをして、シモネタ麻雀漫画の絵コンテを描いて、さらに3日禁欲した分を取り戻すべくオナニーに励まなければならない。
 やることが山積みで何から始めていいのか分からない。

 決めた....とりあえずオナニーをしよう
  1. 2011/12/13(火) 01:45:08|
  2. 近況報告2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

近況報告2011.11.15

 私の名前は天馬ふぇみお、最近いろんな部分での冷え性に悩むE-ロマン画家である。

 指先の冷えはもちろんチンポ周りの冷えは深刻で、最近は裸の女を見たところでハートが震えることも燃え尽きるほどヒートすることもなくなってしまった。
 
ちなみに言うまでもないことだが、最近見た「裸の女」というのは全部2次元での話である。

 とにかく股間がまったく熱くたぎらない。そこで今回は、そんな冷え冷えとしたココ最近の生活の中で珍しく熱く血をたぎらせてくれた映画を紹介したいと思う。


《葉問-イップ・マン-》



 ブルース・リーに詠春拳を教えた実在の格闘家、葉問の激動の人生(9割作ってると思うけど)を描いたドラマ。演じるのは最後の本格派とも香港映画界でブルース・リーの後継者とも言われるドニー・イェン、この世で生を受けたからには一度は耳にした事のある名前だと思うので説明するまでもあるまい。

 ストーリーとアクションの質どっちも高く、世界一身軽なデブ、サモホン・キン・ポーとの激闘や、最後の英国人ボクサーとの死闘は射精モノである。
ipman.jpg

普段<「中国人なんてサルの脳みそ食いながら西遊記見て反日デモする亜細亜の毒夫だろ?」としか思わない私がカンフー映画を見るときは日本人の誇りをドブに捨て、中華の魂をその見に宿すのだ。
 主人公イップ・マンの勇気と強さと高潔な人格に触れ、私も彼のような勇気と誇りを持って生きたいと心から思い・・・そして今、陵辱エロ漫画を描いている


 《孫文の義士団》



 辛亥革命前夜、孫文暗殺を阻止するために立ち上がった名もなき英雄たちの群像劇。
 主演はこちらも一応ドニー・イェン兄貴。

 ストーリーは前半が義士団のメンバー集め、後半が怒涛のアクション、テな感じで「7人の侍」に「太陽に吼えろ」と「ドラゴン怒りの鉄拳」を足して3で割ったような映画である。

 激動の時代、ある者は4億人の中国人民のため、ある者は家族のため、おのおのの信念の為に命を燃やす。

 右手を激動させたあげく4億の精子の命を無駄に燃やす、そんな私とどこか共通するところがあるとにかく熱い映画である。

 ちなみにこの映画、映画館で見に行こうと思ったのだが、友人の吉良広義先生の都合が合わなかったのであえなくDVDでの鑑賞となった。日本ではマイナーな映画なので公開場所も公開期間も少ない上、ただでさえ少ない友人の中でカンフーについて語り合えるような友人は吉良先生しかいないので、その辺のタイミングが合わないと映画館に行く機会がないのである。

 カンフーは熱い。幼いときはブルース・リーに憧れ、強くなりたいと本気で思っていた。

 しかし根性のない私は体育会系のしごきが苦手で、空手も柔道も合気道も習いはしたが長くは続かなかった。
 しかし、これらの映画を見て久々に自分の血が滾るのを感じた。楽して強くはなれない。自分を厳しくしごきまくらなければ強くはなれない。ならばするしかあるまい。

 そう決意した私は、ココ最近毎日ハートが震えてあそこがヒートするほどに自分自身をシゴキまくっている
hamon_jo.jpg
  1. 2011/11/15(火) 09:27:55|
  2. 近況報告2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近況報告2011.11.07

 私の名前は天馬ふぇみお、最近自転車によく乗るので精子の数がへってるんじゃないかと心配してるE-ロマン画家である。  

 自転車に乗ると陰茎の根元が圧迫されるため、まじで精子の数が減り、睾丸系の疾患にかかりやすくなることが医学統計的に立証されているので、最近時間に余裕があることもあり、この前本当に精子の数が減ってるのか数を数えてみたが、13324匹までかぞえたところで断念してしまった


《親父殿上京》

 関西の大学で教鞭を振るう親父殿が上京したのでアニキと私と3人で焼肉を食べに行った。親父殿は先週からゼミの学生を連れて気仙沼までボランティアに出かけていて、その帰りに東京に寄ったのである。ちなみに学生さんたちは交通費節約の為に14時間かけて夜行バスで帰ったらしい。

 ぶらっと入った焼肉屋で牛タンが安かったので頼みまくったのだが、親父殿はまったく食べなかった。
よくよく考えれば仙台は牛タンが名物なので飽きるほど食べてきたらしい。

 豆知識だが、仙台や横須賀など米軍が駐留していた場所でホルモンやタン料理が名物になるのは、ステーキしか食べない米軍のメリケンが赤身以外の部位を周辺に安く払い下げていたからで、ホルモンとはそもそも『放るモン』からきている。

 さらに豆知識だが、ホルモンの本場韓国でも、タン(舌)は『いろんなものを舐める汚い部位』ということで食べないらしい。
 確かに舌というのは、マンコなんて汚ならしいものを舐めるのに使う器官なので不潔この上ない。だが、よくよく考えるとモツ(腸)にはウンコがたっぷり詰まっていて、それを平気で食べているのだから、それに比べればマン汁のついた舌なんて全然清潔に思えるのだがいかがだろうか。


 震災から半年たってだいぶ復興が進んだように思えるが、写真を見せてもらったら気仙沼の湾岸は相変わらず焼け野原のような状態であった。
 親父殿の勤めてる大学は阪神大震災を経験してるので、積極的にボランティアを推奨している。私なんぞは金だけ出してあとは家にひきこもってるだけ、という役立たずのごくつぶしなので、本当に尊敬する。

 しかしながら、いまだに震災ボランティアにいくような人たちがいる一方で、世間には被災地の瓦礫の受け入れに反対したり、安全が確認されてる福島産野菜を拒絶したりするようなアホがわんさかいるのは情けない限りである。この手のアホも瓦礫と一緒に埋めてしまえば狭い日本も少しはスッキリするのではないだろうか。

 はっきり言って原発周辺地域以外で放射能の心配してるやつなんて99パーセントあほなので、せめてどれくらいの線量の放射能がどれくらいの健康被害リスクを伴うのか位はちゃんと把握した上でモノを言ってほしい(それこそ今はその手の知識を科学書読み漁らんでも簡単にネットで仕入れられるわけだし)。

 そもそも億が一、放射能のせいで健康を害することがあったとしてもだ・・・原発から遠く離れた関東でそうなら日本中の人間が同じリスク背負ってることになる。
 どうせ他より特別生きる価値のある人間な訳でもないので、自分だけリスクを背負わず助かりたいなんてさもしい人間にだけはなりたくないものである。どうせ復興の何の役にも立ってないエロマン画家ではあるが、せめて水を差すようなことだけはしない存在であろうと思う。

 最近柄にもなく真面目なことを書くことが多い。きっとこれも放射能の影響だろう。女性とセックスする際にもしチンポがうまく勃起しなかったとしても、きっとそれも放射能のせいである・・・・。それどころか最近太ったのも、プレイコミックの連載切られたのも放射能のせいに違いない。
  1. 2011/11/07(月) 11:00:43|
  2. 近況報告2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近況報告2011.10.19



しちゃいました・・・・・




fe.jpg
  1. 2011/10/19(水) 18:11:05|
  2. 近況報告2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

ふぇみおさん

Author:ふぇみおさん

エロ漫画家の天馬ふぇみおと申します。品位の欠片もないチンポブログですが、『人間などしょせん糞袋』という新撰組隊士 斉藤一の言葉を座右の銘に頑張って生きたい所存であります。

MAIL: femitaro@kzh.biglobe.ne.jp

GALLERY(イラスト)
http://creator.fc2.com/mypage/fumitaro







インモラル (原作:杉本彩/漫画:天馬ふぇみお)
E-BOOK japanにてダウンロード販売中






↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

近況報告2010 (38)
エロ漫画道 (26)
近況報告《猫》 (14)
真面目な話 (21)
未分類 (3)
近況報告2011 (26)
近況報告2012 (17)
つぶやき2012 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。