FC2ブログ

エロ漫画家”天馬ふぇみお” の『笛美男IZM』

凌辱モノ専門エロ漫画家、『天馬ふぇみお』の自慰行為的駄文 やら 未公開漫画 、絵コンテなんかを公開していく、ブログでございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近況報告《猫》 2012.03.30  ~反省~

私の名前は天馬ふぇみお、最近どうやら心が荒んでたかもしれないE-ロマン画家である。

 元来私は菩薩のように穏やかな心の持ち主であった。

 編集さんの言うことにはぺこぺこ頭を下げて素直に従い、同居人が隠れてオナニーをしていたら、ふすまをガバッと開けてそっとティッシュを差し出す・・・それくらいに慈愛に溢れている

 ブログやツイッターで、編集さんやら他の作家やらお隣の国やらいろんなことに毒づいてる人を見ると、「痛々しいなぁ」と感じていたし、自分はそういう風にはならないようにしないと、と思っていた。

 しかし、最近気付くといろんなことにブログで毒づいてばかりいる。
 自分では面白おかしい毒舌文章として仕上げたつもりでいたが、おそらく最近の私の荒んだ心が文章ににじみ出ていたのだろう、他人から見たらただの愚痴や悪口にしか見えないものになっていたかもしれない。

 一応底辺ながらも表現者の端くれとして、ブログを書くからには他人が読んで面白いものを書こうと思って始めたので、いつのまにか自分の荒んだ心の憂さを晴らすためにブログを書くようになっていたのだとしたら、それは恥ずべきことである。

 ブログでオナニーのことを書くのはいいが、ブログでオナニーをするべきではないのだ

 私は大いに反省した。

 先も述べたが本来の私はとても穏やかな男である。
 昔、ドS女に縛られた挙句蝋燭を垂らされてもブチ切れるどころか「ありがとうございます」と言えてしまう位に、心の優しい男であった。

 そんなかつての優しさを私が取り戻すきっかけになったのは、最近起きた二つの事件が関係してる。今回はそれについて語っていこう。


《仔猫到来》
20120330-2.jpg

 うちのルームメートは介護施設で働いているのだが、職場の駐車場に住む野良猫が子供を生んだらしい。ずっと人間が使ってなかった部屋に入り込んで、5匹の子供を生んでたのだが、久々に人間が足を踏み入れたので、びっくりして母猫は逃げてしまったとか。

 野良の仔猫の保護というのは決断が難しい問題である。

 母猫は仔猫に少しでも人間の匂いを感じたらその子を殺してしまう。

 だから母猫が戻るかもしれないならうかつに手を差し出すべきでないし、逆に少しでも不憫に思って手を差し出したら、最後まで面倒を見る覚悟がいる。

 もう一つ、仔猫を全員捕まえて川の土手に捨てればいいじゃん、という意見を思いついた人もいるかもしれないが、それをすると動物愛護法違反で1年以下の懲役か100万円以下の罰金になる。

 もし私の眼前でそんなことを言おうものなら、後ろからバットで殴ったうえでチンポの包皮をアロンアルファで接着し、クロゴキブリのチンコの先に付いた汚物にも劣る醜悪な遺伝子がこの世にこれ以上広まらないように金玉を握りつぶしてやるところである。

 しまった・・・また荒んだ心が滲み出てしまったようだ。かつての優しい心を取り戻さなければ。

 かつての私は「エロマンガ業界のキリスト」と言われるくらいに寛大で、右の尻をぶたれたら左の尻を差し出すくらいの大きな度量の男だった。

 
 そんなわけで、夕方まで待っても母猫が戻らなくて、夜は冷えそうだったので、ウチの同居人が5匹のうちの2匹を連れ帰ってきたのである。

20120330-1.jpg



 これがもう可愛くて仕方ない。
 生後10日程度で目も開いたばかり、体重は200グラムちょい、ハムスター並みの大きさなのだ。

 拾ってきたのは同居人だが、きゃつは仕事で外に出やがるので、世話はほとんど私の仕事となった。

 排泄をさせて、哺乳瓶でミルクをあげて、体を拭いて、最後にもとからいる先住猫の小春と小梅がナーバスになってるのでこやつらのご機嫌を伺う・・・・一連の作業で1時間は費やすのだがこれを3時間おきにやらなきゃならない

20120330-3.jpg


 大変だが、仔猫のあどけない顔はなんて可愛らしいのだろう・・・人間のガキなんてうっとおしいとしか思わないのに。

 しまった、また心の荒みが出てしまった。
 かつての、ドS女にワイン浣腸をされても嫌な顔一つせずに「ありがとうございます」といえるくらいの優しい心を持った私は、一部業界人から「チンカス・クリトリス・スーパースター」と呼ばれるほどの寛大さとカリスマを備えた私はいったいどこへ行ってしまったのだろうか・・・。ちなみに余談だが、ワインはキリストの血、だといわれてるそうである。

 そんなわけで、仔猫の面倒に疲れ果てながらも、そのまばゆいばかりの可愛さが私の荒んだ心に温もりをとり戻してくれたというわけである。

 もう一つ、私に懺悔をもたらしたのは、ある女性の死が関係する事件なのだが、それについては長くなるのでいつか別の機会に語りたいと思う。
  1. 2012/03/30(金) 15:51:30|
  2. 近況報告《猫》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ふぇみおさん

Author:ふぇみおさん

エロ漫画家の天馬ふぇみおと申します。品位の欠片もないチンポブログですが、『人間などしょせん糞袋』という新撰組隊士 斉藤一の言葉を座右の銘に頑張って生きたい所存であります。

MAIL: femitaro@kzh.biglobe.ne.jp

GALLERY(イラスト)
http://creator.fc2.com/mypage/fumitaro







インモラル (原作:杉本彩/漫画:天馬ふぇみお)
E-BOOK japanにてダウンロード販売中






↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

近況報告2010 (38)
エロ漫画道 (26)
近況報告《猫》 (14)
真面目な話 (21)
未分類 (3)
近況報告2011 (26)
近況報告2012 (17)
つぶやき2012 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。